上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シン・ゴジラを観た興奮と余韻が冷めきらないうちに感想を書くぞ!
ハリウッド版ゴジラと違って序盤からゴジラが一部分だけとはいえ姿を現す
そのシーンがあるだけで導入の惹きつける力は十分。
ゴジラが東京湾から出現したことで政府内での役人達のやり取り・・・
事件は現場だけで起きてるんじゃない!会議室でも起きてるんだ!
ってセリフが出て来そうなくらい会議室での人と人の意見のぶつかり合いに時間を割かれてました。
今までのゴジラシリーズはあまりそういうシーンは緻密に描かれてなかったので
これまでのとは脚本が別の仕上がりで
でも、普通は退屈であろうはずの会議室のやり取りもテンポが早くて
皆、早口で喋ってて退屈とは思わずむしろ緊迫感があったくらいでしたね。
今回のゴジラのデザインですが、
ゴジラが東京に上陸して初めて観客の前に姿を現した時は「え?」で
なんだこりゃゴジラ以外の別怪獣か?と思ったくらいでしたが、街を破壊し暴れる途中で
次々と形態変化を遂げてようやく皆がイメージしてるデザインのゴジラへと進化していく
最初から完全体(いつものゴジラ)ではなくそこに至る過程を描いたのは新鮮でした。
人類の攻撃もまったく効かない訳ではなく兵器によってはダメージを負ったりもすることがあり
ゴジラは完全に無敵でないのがちゃんと勝負になってて手に汗握りましたね。
人類の攻撃がまったく効かないとどうせぴんぴんしてるんだろー?と逆に茶番に見えて緊張感がないですし。
ゴジラ映画ファンなら一番盛り上がるであろう熱線を吐くシーン、
口以外からも吐きます。尾びれから尻尾の先からまで拡散エネルギー波のように。
アニメっぽい描写で破壊規模もこれまでのゴジラ映画でもっとも大きかったんじゃないでしょうか。
こういう描写がかっこ良いのでシン・ゴジラを人間ドラマとして見てない
子供も単純に怪獣映画として楽しめる作品になってますね。多分。
人物像やシーンの描かれ方が実写映画というよりアニメのようなので
ゴジラは興味ないけどエヴァが好きだって方は観に行って損はないと思いますよ。

以上。シン・ゴジラの感想でした!
スポンサーサイト

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。