FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体験版と言いつつもこの体験版は本編ではなくOPでしかありません。
なので僕の作品でよくある強者同士のバトル(山場)はまだなく
どんな世界観なのかなぜ主人公達が戦うことになったのかその動機を描いています。
ただOPと言ってもちゃんと操作出来ますしそれなりの長さで敵と戦うことも出来ます。
続きを公開する時にはこのOPを飛ばせるようにもしたいと考えていますね。
今まで日記でどんな内容のゲームなのかという情報をあえて伏せていたのですが、
公開までやはり伏せたままにしておきます。お楽しみに。
スポンサーサイト
第2回 みんなで決めるフリゲ音楽ベスト100
http://www23.atwiki.jp/freegamemusic/pages/159.html
にて闇の覇者の後半フィールド曲である「フィールド2」が投票されていたようです。
SSの使用許可を頂けないかという旨のメールも頂いたので先ほどOKサインを出した所です。
動画が公開されるのが今から楽しみですねー。

今日はミステリー小説の「そして誰もいなくなった」を購入しました。
とある孤島で次々と殺人が起きるみたいな内容らしいですね。
まだ殺人が起きる所まで読んでませんが、この手の小説は好きなので今日と明日を使って読破目指します。
OPを見ただけですぐ分かりましたよ。
使用曲といい詩的な文章といいまたセラブル模倣ゲーか、と。
第一印象はそうでしたが、出来は悪くなくむしろ質の高い丁寧な作りの
作品だったので楽しめそうだと現在進行形でプレイしています。
戦闘バランスは最初は温めかと思ったのですが、甘かったです。
経験値稼ぎと最新の装備を購入しないと雑魚にすら簡単に全滅させられます。
その時点での最新装備でも雑魚に状態異常攻撃を受けまくって何度も全滅しました。
これは雑魚敵相手でも通常攻撃だけでは歯が立たないというバランスなのだと悟り
戦闘開幕早々技を連発するようにしたら全滅の確率は少し下がりました。
敵に先制されて混乱を受けたら全滅は免れませんが。
まだ序盤だと思うのですが、クリアまで遊べそうな出来な気がしています。
一点完成するのに一週間かかるようなので後三週間ほどで完成かな。
その間は新作RPGの紹介ページを作成しておきます。
デザインやどの程度まで内容の情報を公開するか悩んでいたため
あまり進んでないんですけど三週間もあれば余裕で作れると思うので。
エンカウント率が高い→戦いたい人だけ戦えばいいじゃないシンボルエンカウント
行き先が分からない→イベントが発生する場所に目印
フィールドマップが広くて迷う→迷いようがない作りに
メニュー開くの遅い→スクリプトのメニューなのですぐ開けるようになりました

少なくともこの4つは改善してあります。
ただ敵の強さは今のところは易しい感じですが、この先は分かりません。
強いという設定の敵には演出としての強さはやはり必要だと思いますからね。
料理人の世界では最初は誰でも食器洗いなどの下積みから始まります。
そこで「俺は実力があるから食器洗いなんかじゃなく料理させてくれ」などと言おうものなら
大目玉を食らうでしょう。そういう考えは実力の低い成功しないタイプの方のもので
実力ある方というのは下積みもとても重要に考えているものです。
真理をいうとたかが食器洗いでも
実力のある料理人は食器洗いをやらせても早いそして丁寧、駄目な奴は遅い上に雑です。
そして創作の世界で「俺は実力あるから料理させろ!」のような思いあがった考えに当たるのが、
素材を自作出来ない無名作者が「自分は実力があるからフリー素材だらけのゲームなんか作りたくない!」
と言いだすことです。こういう方はまず心構えがなってないですね。
創作の世界で料理の世界での調理道具や食材に当たるのは素材です。当然、この中にはフリー素材も含まれますから
フリー素材を疎かにし感謝の気持ちを持てないものが成功するはずがないのです。
オリジナル素材をふんだんに使用したクオリティの高さで有名な月夜のノクターンリメイクの作者さんも
処女作はフリー素材を多く使ったゲームを制作しておられました。
そんな下積み経験をして今では多くの協力者を集められるまでになったのです。
下積みを飛ばしていきなり大きなことばかり夢想しておられる方は料理の世界と同じでまず成功しませんよ。
創作の世界で成功出来る秘訣とはオリジナル素材だけではなくフリー素材を使用することに
対しても最高の誉れと思うこと。
感謝の気持ちを大きく持ち誉れとまで思える心構えが成功を呼び込むのです。
面白いゲーム公開サイトのアクセス数が多いことはあっても
つまらないゲーム公開サイトのアクセス数が多いことは滅多にないからです。
滅多にと書いたのは素材を公開してたり別のコンテンツが人気がある場合はこの限りではないため。
一日のアクセスが安定して100超えればツクラーとして一流、200超えればもう大変な人気です。
うちのサイトは休日くらいしか100超えないのでまだまだこれから精進しなくてはいけませんね。
公開してるゲームの数もアクセス数に影響がありそうです。
一作品より二作品、二作品より三作品公開してる方が当然、
作品タイトルで検索してやってくる人が多いです。

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。